北朝鮮が14日夜、金日成(キム・イルソン)広場で軍事パレードを行い、金正恩(キム・ジョンウン)総書記が閲兵しました。  これは北朝鮮国営メディアが15日朝伝えたもので、軍事パレードは朝鮮労働党大会の記念行事として行われ、金正恩総書記が壇上に姿を現すと、「万歳」「決死擁護」の歓声があがったとしています。また、パレードには「敵対勢力を戦慄させる核武装力である戦略軍」が参加し、SLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)などが登場したと伝えています。  軍事パレードは、朝鮮労働党創建を記念して行われた去年10月以来となりますが、韓国の聯合ニュースは党大会を記念しての軍事パレードは初めてだとしています。パレードには、国威発揚に加え、20日に予定されているアメリカのバイデン氏の大統領就任を前に、アメリカ新政権をけん制する狙いもあるものとみられます。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e73ac01f8d489579b9045b592e6cfd45572de766

TBS系(JNN)


PDF