【台北時事】台湾の蔡英文総統は23日、台北市内で行われた日台友好イベントに動画メッセージを寄せ、新型コロナウイルスの世界的流行で開催が危ぶまれている東京五輪について「きょうで開催まで半年となった。日本が団結によってこの試練を乗り越え、半世紀ぶりの東京五輪を再び実現するよう祝福する」と日本にエールを送った。

また、今年3月に発生から10年を迎える東日本大震災にも触れ「日本が当時、直面した困難を、台湾人は自分のことのように感じ、日本のために祈り、支援の手を差し伸べた」と強調。「台湾人と日本人は深い絆で結ばれており、これが台日関係の最大のエンジンになっている」と述べ、コロナ禍克服への共闘も日本に呼び掛けた。 

https://news.yahoo.co.jp/articles/4a0fa61e6b6d03d3ea94f31231a3ad1bf0d4053b

時事通信


PDF