【ローマ=笹子美奈子】イタリアの個人情報保護当局は22日、若者に人気がある動画共有アプリTikTok(ティックトック)」で「失神ゲーム」に参加した10歳の少女が誤って死亡したとして、年齢が確認できない者の利用を中止するようティックトック側に命じた。捜査当局も捜査を始めた。伊ANSA通信が報じた。

 死亡したのは伊南部パレルモの少女で、20日、自宅で首にベルトを巻き付け、窒息状態で発見された。手にはスマートフォンを持ち、失神を我慢するゲームに挑戦したとみられる。

 ティックトックは規約で利用対象を13歳以上としている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a0a7584ec2351f0942691989eed57035ccab6fe0

読売新聞オンライン


PDF