「会社へは 来るなと上司 行けと妻」「出勤が 運動だったと 気づく腹」――。第一生命保険は27日、「第34回サラリーマン川柳コンクール」(通称・サラ川)の優秀100句を発表した。新型コロナウイルスの感染拡大に絡めた句が多く、急に導入されたテレワークに戸惑ったり、外出自粛による運動不足を嘆いたりするサラリーマンの姿が浮かび上がる。  2020年9~10月に6万2542句の応募があった。新型コロナ関連では「テレワーク いつもと違う 父を知る」「マスクでは 防ぎきれない 妻のグチ」なども選出。政府が進める押印廃止も職場の働き方に影響するため、「ハンコ不要 出社も不要 次はオレ?」「脱ハンコ 進めるために 判が要る」などが寄せられた。  人気テレビドラマ「半沢直樹」にちなんだ「倍返し 言えぬ上司に 『はい』返し」や、アニメ映画が大ヒットした「鬼滅(きめつ)の刃(やいば)」に絡めた「嫁の呼吸 五感で感じろ! 全集中!!!」も選ばれた。  第一生命のホームページなどで3月19日まで人気投票を行い、5月下旬にベスト10を発表する。【三上剛輝】 他の主な作品 ▽リモートの 上司の指示は 現場見ろ! ▽激論もパジャマ姿の下半身 ▽「行ってくる」ふすま一枚テレワーク ▽終われない終電が無いズーム飲み ▽どの店も ドレスコードは マスクあり ▽晩ご飯娘退出妻ミュート ▽会社では 偉そうなのねと 妻が言う ▽あつ森にローンの返済先越され ▽子は鬼滅夫婦は亀裂おうち時間 ▽YOASOBIが 大好きと言い 父あせる

https://news.yahoo.co.jp/articles/b299c6bd7ea4ea43f6acea5dd390a19ae7775f99

毎日新聞


PDF