ロンドンのあるフュージョン日本式フランチャイズ会社が日帝軍国主義を象徴する「旭日旗」を頭に巻いたキャラクターを看板と広告などに使って論議を呼んでいる。

【写真】英国有名ファッションスクール公式インスタグラムに『旭日旗』 27日、英国韓国系社会などによると、最近在英韓国人および留学生のフェイスブックコミュニティである「コモ(KOMO)」に日本式フランチャイズ会社「スゴイジャパン(SugoiJpn)」の旭日旗使用を指摘する文章が相次ぎ掲載された。 また、在英韓国人と留学生は「スゴイジャパン」の公式ホームページ、インスタグラムなどに旭日旗使用の問題点を指摘する文章を載せた。 しかし、この会社はSNSなどで韓国人のメッセージを削除するなどの対応を見せた。むしろ旭日旗が軍国主義といかなる関係もないと主張している。 特に、公式の立場で会社は「Did you know facts」というハッシュタグとともに「旭日旗(rising sun flag)は日本で出産や祝日など日常生活の様々な所で長い間使われてきた」とし「政治的表現でなく、軍国主義の象徴でもない」と釈明した。旭日旗の形状が自国の伝統模様の一つというこれまでの日本政府の立場をそのまま借用したとみられる。 会社側は釈明以降公式インスタグラムのコメント機能を制限するなど旭日旗使用を指摘する行為を一切遮断している。 「スゴイジャパン」のロゴには額に旭日旗を巻いたキャラクターがある。このキャラクターはホームページとソーシャルメディアアカウント、店舗の看板、包装紙などほぼすべての広報物に使われている。 「スゴイジャパン」は日本と南米のストリートフードをフュージョン料理にした出前およびテイクアウト専門食堂だ。ホームページによると、この会社はベネズエラ出身の夫婦によって2018年ロンドンでオープンした。日本人ヘッドシェフがパートナーとして参加しており、現在ロンドンのチェルシーやサウスウィンブルドン、フラムなどに営業店がある。 これを受け、韓国系社会はオープンチャットルームを開設してこの会社に対する対応策を議論している。ロンドンのカーン市長、BBC放送とガーディアン紙など現地の主なメディアにもこれを知らせ、サイバー外交使節団「バンク」と誠信(ソンシン)女子大学の徐敬徳(ソ・ギョンドク)教授にもこのような事実を知らせて助けを求めた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/24aa6ece16b1cb5a260375d848b0d574b5a6021a

中央日報日本語版


PDF