【武漢(中国湖北省)=吉岡みゆき】新型コロナウイルスの感染が最初に確認された中国湖北省武漢市で28日、世界保健機関(WHO)の国際調査団が2週間の隔離を終えた。感染拡大の判明から約1年を経て、初の現地調査を29日から開始する。

 調査団は、日米欧の専門家ら13人で構成されている。今後約2週間滞在し、初期に感染者が集中した「華南海鮮卸売市場」の関係者の聞き取りなどを行い、ウイルスの発生源や感染経路の解明につなげる考えだ。

 ウイルスの流出源との指摘がある「武漢ウイルス研究所」に対する調査も行う意向で、中国政府がどこまで協力するかも焦点となる。

 WHOは昨年2月と7月にも調査団を派遣したが、華南海鮮卸売市場などでの現地調査は実現しなかった。

【武漢(中国湖北省)=吉岡みゆき】新型コロナウイルスの感染拡大の経緯や発生源を調べるため、中国湖北省武漢市に入っていた世界保健機関(WHO)の国際調査団が28日、2週間の隔離期間を終えた。29日から初の本格的な現地調査に入る。

 日米欧の専門家ら13人の調査団は14日に武漢に到着した直後から隔離されていた。28日午後、隔離先のホテルからバスで別のホテルへ移動した。

 調査団は今後約2週間、初期に感染者が集中した「華南海鮮卸売市場」の関係者や、患者を治療した医療従事者から聞き取りを行う。ウイルスの流出源との指摘がある「武漢ウイルス研究所」も調査する意向だが、中国政府が協力するかが焦点となる。

 WHOは昨年2月と7月にも調査団を中国に派遣したが、卸売市場などでの現地調査は実現していなかった。武漢で初めて新型コロナによる肺炎患者を確認したとされる2019年12月から1年以上が経過しており、今回の調査も先行きは不透明だ。

 中国外務省の趙立堅(ジャオリージエン)副報道局長は28日の定例記者会見で、「国際調査団には、政治に邪魔されることなく、ウイルスの起源を遡る科学的な研究をしてもらうべきだ」と述べ、武漢が発生源だとする米国などの主張をけん制した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a925a92e82f69bde5df3cbf0b889d09102d0a20f

読売新聞オンライン


PDF