【香港共同】英国は31日、香港国家安全維持法(国安法)の昨年6月末の施行を受け、香港市民の英国への移住を容易にする特別査証(ビザ)申請の受け付けを開始した。香港市民の約7割の約540万人に申請資格があり、大量移民の波が起きるのではないかと注目されている。

「日米豪印」に英が参加も 対中国で連携

ビザ申請は、1997年の英国から中国への香港返還前に生まれた約290万人の「英国海外市民(BNO)」の資格を持つ香港市民や、その家族らに認められる。  中国政府は反発し、BNOを対象とした旅券を認めないと29日に発表しており、英中関係の新たな火種となりそうだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e32492e59b1eeb6469b05000793d17e47a99a06f

共同通信

【関連記事】


PDF