ハーバード大学ロースクールの教授は、「日本軍慰安婦」は性売買を強制された「性奴隷」ではなかったという内容の論文を発表した。日本メディアは、教授のこのような論文を紹介し「研究の意義は大きい」と伝えた。

ハーバード大学ロースクールのジョン・マーク・ラムザイヤー教授は、今年3月に出版予定である“インターナショナル・レビュー・オブ・ロー・アンド・エコノミクス”誌の65巻に「太平洋戦争当時の性契約」というタイトルの論文を掲載した。 産経新聞は28日、該当論文を書いたラムザイヤー教授の同意を得て、論文の要約本を公開した。 ラムザイヤー教授は論文で、当時の慰安婦の女性たちと日本軍は 互いの利益のために契約を結んだだけだとし「慰安婦の女性たちは、性売買を強要された性奴隷ではない」と主張した。慰安婦の女性たちが自身の利益のために日本軍と契約を結び、売春をしたということである。 また 募集業者にそそのかされた被害者たちは ごく一部だとし、日本政府と朝鮮総督府が女性たちに性売買を強制したり、日本軍が不正な募集業者たちに協力したのは事実ではないと主張した。「日本軍慰安婦」募集の過程において、不正な方法で女性たちをそそのかし慰安婦にした業者たちが問題だという指摘である。 産経新聞は、ラムザイヤー教授の論文が「慰安婦=性奴隷」だという説を否定したとして「その意義は大きい」と評価した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b7970a1d515018f17bdc2538920aaba3adc9e49e

WoW!Korea


PDF