<PCR検査で陽性が出たことを女性は家族に半月間程、隠していたが、それによって家族全員の命を奪うことに>

新型コロナウイルスのPCR検査で陽性反応が出た後も、その事実を家族に隠して生活していた女性の、一家5人全員が死亡するという痛ましい事態が、南米ベネズエラで起きた。 【動画】引き取り手のない遺体を埋葬しているNY市ハート島 ベネズエラ西部タチラ州在住のベロニカ・ガルシア・フエンテス(36歳)は、昨年12月中旬に体調を崩し、発熱があった。PCR検査で陽性が出たため、自宅で隔離措置を取った。しかし夫と3人の子供たちには、悪性のインフルエンザにかかったと告げて、コロナ感染の事実を隠していた。 ベネズエラの地元紙「ラ・ナシオン」によると、フエンテスは恐ろしさから感染を隠していたようだ。12月末になって、夫のホセ・アントニオが親戚のパーティーに行こうとしたため、他の親族と接触するのを避けるために、感染の事実を告げたという。 今年に入って、フエンテスは肺炎を発症していたが、夫と17歳の長男、そして4歳の双子の男児はいずれも簡易検査で陰性だった。 <家族の症状も急変> 2週間後、フエンテスは症状が悪化して病院に入院した。残りの家族も全員の感染が判明したが、いずれも無症状だった。 その数日後、夫のアントニオは重症化して病院に入院。1週間後にはフエンテスと夫の2人が死亡した。3人の子供も1月末までに全員が死亡した。 地元の医療当局者は、この悲惨な事態を受けて、マスク着用や手洗い、ソーシャル・ディスタンスといった基本的な感染予防策を徹底するよう呼び掛けている。 専門家はさらに厳重な警戒を求めている。地元の医師のアメリア・フレッセンは「コロナのような症状があったら、別の原因だと分かるまでは、全部コロナと考えなければならない」と強い口調で語っている。 WHO(世界保健機関)によると2021年2月の時点で、ベネズエラの累計患者数は12万7346人で、このうち1196人が死亡している。

リディア・スミス

https://news.yahoo.co.jp/articles/cc35444f487d42ac18d3d6ec51eb4430cea5d369

ニューズウィーク日本版

【関連記事】


PDF