アメリカのブリンケン国務長官は5日、中国で外交を統括する楊潔チ政治局員と電話会談を行い、台湾を含むインド太平洋の安定を脅かす試みには、中国に責任を負わせると強調しました。 アメリカ国務省によりますと、ブリンケン長官は中国の強引な海洋進出をめぐり「台湾海峡を含むインド太平洋の安定を脅かす試みなどに対し、同盟国とともに中国に責任を負わせる」と伝えたということです。 また、ミャンマー国軍によるクーデターを中国が非難していないことについて質し、国際社会の非難の動きに同調するよう迫りました。新疆ウイグル自治区や香港などの人権問題をめぐっては、「人権と民主主義の価値を支持し続ける」と強調した、としています。 一方、中国側の発表によりますと、楊潔チ政治局員は台湾は最も重要で敏感な問題だとして「1つの中国の原則」を厳守すべきだと強調。その上で、「香港や新疆ウイグル自治区などは中国の内政問題であり、いかなる干渉も許さない」と強く牽制しました。 また、ミャンマーについては「国際社会は良好な環境を作るべきだ」と指摘、軍事クーデターへの非難を強めるバイデン政権にクギを刺しています。

https://news.yahoo.co.jp/articles/08eacf42f1f86e1dc0d48edff36610feafd104db

日本テレビ系(NNN)


PDF