<1月10日にモデルナ社の新型コロナワクチンを接種した大江氏。長蛇の列を経てワクチンを接種した先に見た、新しい世界とは>

マンハッタンに再び陽が昇り始める。ニューヨークは感染者が急増し、健康診断予防接種で病院に行くたびに深刻な様子をじかに感じるようになった1月9日、僕の元にニューヨーク市から携帯メールが届いた。明日から自分もワクチンが無料で打てるというのだ。【大江千里(ジャズピアニスト)】 【動画を見る】退院後、息ができないトランプ 送られたアドレスから登録をしたら、翌日の12時20 分の予約が取れた。「たとえ10分でも早くには来ないで。必ず時間どおりに来てください」という注意書き。 翌日、接種場所である小学校へ時間ちょうどに行ったら大変な列ができていた。2キロくらいだろうか。後ろのほうの男の子に聞くと「俺は11時の回だよ」という。これは2時間待ちだなと覚悟を決める。 「5時間コースだね。ばかばかしい」。そう吐き捨てるように言って離脱する人もいた。しかし、ほとんどの人が従順に列に並び続けた。老若男女のボランティアの案内人がみんな素晴らしく、「寒くない?ハッピー?」と寒空に並ぶ僕たちを励ましてくれる。まるでロックコンサートのアリーナ席に並び合わせているような連帯感がある。 ワクチン接種を終えた人たちがドアから出てくるのが見える。まるで別の惑星から来た異星人のようだ。僕らも、ああいうふうにあのドアから出てこられるのか。結局、思ったほどは待たずに2時間弱で学校の中へ入れた。 いざ、接種テーブルへ。会場はバスケットコートだ。僕の担当はアジア系の看護師さんだった。ファイザー社とモデルナ社のものがあり、僕の場合は申し込む際に自分の意思で選べたのでモデルナにした。 和やかな話をして気持ちをリラックスさせてから利き腕を差し出す。1本は結構な量に見えたが一瞬の注射で入ってしまう。 ワクチンによって体に入るのは病原体の遺伝情報で、体内に抗体が作られる。コロナウイルスが侵入しても、「先客」の抗体によって免疫ができてしまっているので悪さができないそうだ。発症や重症化を防ぐのには役立つが、人への感染予防効果ははっきりとは確認できないといわれている。

<「僕はもう昨日までの僕ではない」>

1本目を打ってから、28日置いて2本目も同じものを打つ。そうすれば90%を超える確率で効き目があるらしい。看護師さんに「勇気ある使命を引き受けてくれてありがとう」と言うと、「素晴らしい言葉をありがとう」と笑顔が返ってきた。 そのあと別の部屋に移動して待機する。15分はその場でじっとしていなければならない。時間が来て何もなければ外に出ていい。僕の前の男の子がドアを手で押さえてくれる。「ありがとう」。会釈をして外に出ると光がまぶしかった。 あれから2週間、僕は副反応もなく、いつもと変わらない毎日を送っている。これを打ってもマスク生活やステイホームをやめられるわけではないが、科学の力を立証する一翼にはなれる。もう少しで2本目を打つ日がやって来る。 僕はもう昨日までの僕ではない。新しい僕なのだ。マンハッタンに昇る朝日はまだ少しまぶしく感じるけれど、慣れればどうってことはないに違いない。このまぶしさは、きっと素晴らしい未来が始まる予兆だから。

https://news.yahoo.co.jp/articles/6ac04f9bfb1d12a1ee0f7f6c2862e6c2251dea55?page=1

ニューズウィーク日本版

【関連記事】


PDF