裁判官は、ワシントンD.C.の刑務所に対し「Qアノンのシャーマン」ことジェイク・アンジェリにオーガニック食品を食べさせるよう命じた。 【全画像をみる】アメリカの刑務所の食事は、食べるのを拒否する囚人がいるほど…「Qシャーマン」はオーガニック食を要求 アンジェリは、信仰上の理由で通常の留置場の食事を摂ることを拒否し、1週間で約9kg痩せたと言われている。 アメリカの留置場や刑務所の悪名高い食事を拒否したのは、アンジェリだけではない。

「Qシャーマン」として知られる極右陰謀論者のジェイク・アンジェリ(Jake Angeli)はオーガニック食品しか口にしないことから、ワシントンD.C.の留置場で1週間にわたって食事を摂らず、約9kg痩せたと弁護士が語っている

1月9日の司法省の発表によると、1月6日に議会議事堂を襲撃したアンジェリは、治安を乱すような行為や暴力的な不法侵入、議事堂内での違法な滞在によって起訴された。 アンジェリは「極度に厳格な食事制限」のため、留置場で提供された食事を拒否した。 だが「彼の実践する厳格なオーガニック食に沿った食事」をできるようになるだろうと、アリゾナ州地区の連邦保安官デビッド・ゴンザレス(David Gonzales)がABC15に語った。 Insiderがすでに報じたように、アンジェリは1月下旬にワシントンD.C.の留置場に移送され、そこでオーガニック食品を要求したが、最初は拒否された。 彼の弁護士は、アンジェリがオーガニックではない食事を拒否し、1週間で約9kg痩せたと、法廷への提出書類で述べている。 ロイス・C・ランバース(Royce C. Lamberth)裁判官は、アンジェリにオーガニック食品を与えるよう留置場に命じたと、Insiderが2月3日に報じた。 とはいえ、アメリカの受刑者の大半が、同様の食事をできるとは考えにくい。刑務所は食費を節約しようとしており、オーガニック食品は高価なため、あまり多くのオーガニックな食事が提供されることはないだろう。 実際、アメリカの留置場や刑務所は、食事がひどいことで知られている。

そんなひどい食事を拒否した囚人は、アンジェリが初めてではない

Reuters

アメリカの留置場や刑務所は、地方自治体、州、連邦政府のいずれかが運営していて、施設によって食事の内容も違うと、9 Newsが報じている

Source: 9 News

連邦刑務所局によると、アメリカの刑務所では、2020年には、シリアル、果物、パン、小袋入り砂糖などが朝食として提供されていた

Source: Federal Bureau of Prisons National Menu

刑務所での昼食は、パン、果物、野菜に、豆などのタンパク質が定番となっている

Getty Images

アメリカの刑事司法に特化した非営利の報道機関「マーシャル・プロジェクト」が2015年に報じたところによると、囚人の食事代が1食1ドル以下の刑務所もあるという

Source: The Marshall Project

あまりにもうんざりするようなメニューだと、食べない囚人もいる

Source: Insider

A&Eのドキュメンタリー『60デイズ・イン~刑務所潜入60日~』で囚人として刑務所に潜入したバーバラは、夕食で提供される豆があまりにも「食べられない」ものだったため、夕食を食べずに、翌日の朝食まで空腹に耐えていたと、以前Insiderに語った

Source: Insider

もう1人の潜入者タミは、刑務所の食事を「憂鬱にさせるもの」と表現した

Source: Insider

刑務所の食事は不味いだけでなく、囚人を病気にすることがあるという報告もある

Source: American Public Health Association

アメリカ疾病予防管理センターの調査によると、1998年から2014年の間、囚人は食べ物に関連した病気で苦しむ者が、一般の人々よりも6.4倍多かった

Source: American Public Health Association

「ニュートラローフ」はあまりにも不味いため、罰として囚人に与えることがあるという

レンガのような形の「ニュートラローフ」は、トマトペースト、ポテトフレーク、豆などから作られるのが一般的だと、以前Insiderが報じた。 このひどい食事は、提供することが禁じられている州がわずかながらあるものの、2017年に入ってからも、フロリダ州やオレゴン州などではまだ提供されていると、WUFTやFox12 Oregonが報じていた。

アメリカの刑務所には、このようなひどい食事を含めた惨状に抗議するために、ハンガーストライキを行う囚人もいる

Source: The Guardian

アメリカの刑務所の食事は、最悪の学校給食のように見えるかもしれないが…

Getty Images

…ずっといい食事を提供する国もある

Source: Reuters

ロイターの2014年の報道によると、イタリアのある刑務所には施設内にベーカリーがあり、伝統的なクリスマスケーキであるパネトーネなどを囚人が作っている

Source: Reuters

ドイツの刑務所では、囚人が職業教育プログラムから得た賃金で生鮮食品を購入し、共同のキッチンでそれらを調理することもできると、2015年のニューヨーク・タイムズのオピニオン欄で紹介された

Source: The New York Times

『囚われし者たちの国──世界の刑務所に正義を訪ねて(Incarceration Nations: A Journey to Justice in Prisons Around the World)』の中で、著者のバズ・ドライジンガー(Baz Dreisinger)は、ノルウェーの刑務所には、敷地内に自然保護区があり、そこで囚人のための食料の25%が栽培されていると報告している

Source: Business Insider

拘留中のアンジェリに用意されるオーガニックな食事がどのようなものかは分からないが、「ニュートラローフ」ではないだろう

Getty Images [原文:What prison food in the US really looks like, and why some inmates refuse to eat it]

https://news.yahoo.co.jp/articles/ff39466d0929879a82d0682aa60d292347c96d03?page=2

BUSINESS INSIDER JAPAN


PDF