アメリカのポンペオ前国務長官から「中国共産党による世界規模の影響力浸透工作の重要な一角」「プロパガンダ機関」などと名指しされ、日本国内でも警戒感が高まる「孔子学院」。これは全世界150カ国以上で約550施設を展開している、中国政府肝いりの中国語・中国文化教育機関だ。日本国内でも桜美林大学や立命館大学・早稲田大学などに合計15校ほどが開設されている。

2月6日に『 現代中国の秘密結社 マフィア、政党、カルトの興亡史 』を刊行して中華圏の陰謀に迫ってきたルポライターの安田峰俊氏は、なんと2020年9月から半年間にわたり、首都圏の某大学の孔子学院に潜入取材をおこなっていた。世間では「スパイ養成機関」とも呼ばれる機関をスパイした結果、見えてきた真実とは──? ◆ ◆ ◆

「安田峰俊は立命館孔子学院の講師である」

本題に入る前に書いておこう。私(=安田)は孔子学院と奇妙な縁がある。なぜならツイッターなどで私の名前を検索すると、なぜか「安田峰俊は立命館孔子学院の講師である(=なので中国共産党の回し者である)」と主張する謎の情報がすくなからず引っかかるからだ。  理由はおそらく、私が立命館大学のOBで、現在も同校から人文科学研究所客員協力研究員の肩書をいただいているため。さらに2019年6月22日に立命館孔子学院から中国理解講座の一環として「中国史マンガの魅力を語る」という演題の講演を依頼され、登壇して喋った経験があるためだと思われる。なお、この講演は1回きりで講演料は3万円、さらに東京から京都までの交通費をいただいた。  講演依頼を請けた事情も単純だ。私は立命館に対して、原辰徳のジャイアンツ愛といい勝負になるほど強い愛校心を抱いているからである。かつて一般入試の成績が良好だったので在学中4年間の学費を半額にしてもらったうえ、交換留学に行かせてもらった恩があるのだ。しかも、立命館孔子学院の現院長を務める宇野木洋先生は往年の恩師の一人である。むしろ講演依頼を断るほうが人としておかしい。  とはいえ、私は外部から1回呼ばれただけの立場にすぎない。孔子学院の内部でいかなる教育がなされているかは、たとえ知りたいと思っても不明である。かといって、月1回くらいのペースで海外取材の予定が入り、締め切りに追われ続けている身では、受講者として潜入してみることも厳しい。孔子学院は東京近辺にも複数あるが、毎週の決まった時間にわざわざ通学する余裕はないのだ。

6000円のために母校を裏切る

 ところが、そんな自分に転機が訪れた。新型コロナウイルスの流行によって、海外取材に一切行けなくなったのだ。  しかも、2020年8月ごろからアメリカのトランプ政権(当時)が孔子学院への警戒心を強めており、このことは日本でも大きなニュースになった。すなわち、孔子学院の記事を書けば多くの人に読まれる可能性が上がった。  そこで調べてみたところ、母校の立命館大学のほか国内複数の孔子学院がZOOMを使ったオンライン講義を実施していた。これなら通学時間なしで在宅受講ができる。料金は各校でまちまちだったが、都内にある私立M大学の孔子学院は、週1回90分間の講義を半年間で16回受けられて、お値段はなんと3万7840円である。  念のため言えば、これは1コマの値段ではなく半年間の学費だ。自分が卒業生割引を受けられる立命館の孔子学院よりもさらに6000円以上も安かったので、私は愛する母校をあっさり裏切ってM大孔子学院で学ぶことにした。

初めてのミーティングの内容は……

 M大の事務局にメールを送ったところ、まずは講師によるレベルチェックがあるという。9月17日の夜に自宅でZOOMに接続すると、画面にあらわれたのはLさんという、のんびりした口調の中国人のおじさんだった(後に彼が担当講師となる)。 「あ、どうも、ニイハオ」 「おお、ニイハオ。君が安田同学(ān tián tóng xué)かね?」 「はい。コロナの影響で活きた中国語に触れる機会が減ったので……」 「ほうほう。君は中国語が上手だねえ。じゃ、通訳実践講座で」  2会話くらいしか話していないのに、ひよこ鑑定士がひよこのオスメスを鑑定するような速度で最上級の通訳実践講座に割り振られた。Lさんに尋ねてみると、学生数にはまだ余裕があるらしい。  そこでミーティング終了後、私が友人知人に声をかけて回ったところ、中国語専攻の女子大生のR嬢が自分も勉強したいと手を挙げた。結果、私とR嬢というスパイ2人で、世間でいうところの「スパイ養成機関」──。もとい、M大学孔子学院に潜入することになったのである。

老師っぽい老師に教わる

「いやー、私の若いころは、中国人が日本語を勉強するのは商売やキャリアアップのためと決まっていたものだが……。最近の若い子はアニメが好きだから勉強するようになってねえ。驚くべき変化だ」  1週間後、私とR嬢はそれぞれM大の孔子学院ZOOM講座に出席し、昔話を語るLさん……、もといL老師の言葉に耳を傾けていた。ちなみに「先生」は中国語で「老师(lǎo shī)」と呼ぶ。たとえ相手が20歳のお姉さんでも「老師」なのだが、このL老師は1980年代ごろに某地方都市のテレビ局でアナウンサーをやっておられたという大ベテランであり、いかにも老師っぽい感じの老師であった。  クラスでいっしょに学ぶ同学(tóng xué:同級生)は、中国国営放送のアナウンサーばりの完璧な発音で音読をおこなう20代の社会人女性Aさん、もともとL老師の教え子らしいM大学の女子大生Bさん、毛沢東の生前を知っている60代くらいのおじさんCさん、そして他大学の女子大生であるR嬢と、私である。  なかでも努力家のAさんは非常にレベルが高く、標準中国語の発音の音韻の美しさや、座学で身につけられる表現(ことわざなど)の語彙力は私を上回っていた。実力が伯仲する相手と語学教室で競い合える状況は珍しい。学習環境はかなりいい感じだ。

ゆるい「スパイ養成機関(仮)」

 L老師の講義は、日本語のニュース文を即興で翻訳させたり、逆にニュース文を読ませたり、通訳者の心得を中国語で解説したりだった。 「清末の翻訳家の厳復いわく、翻訳のキモは『信・達・雅』(正確性が高く、スムーズに伝達でき、センスのいい表現をすること)です。単語、テキスト、センテンス、章……、各段階ごとに工夫をこらさなくてはなりません」  と、大変勉強になる。いっぽう、英会話教室などでは定番の「週末はどう過ごした?」といった内容の会話はほぼなかった。受講生が自己紹介で語るケースを除けば、各人の職業や結婚の有無、正確な年齢といった個人情報は半年間を通じてほとんど不明のままだ。私も自分の職業について詳しくは話さなかった。  ちなみに、中国ルポライターである私は中国関連の分野ではそれなりに悪名高い。日本国内でデモの取材中に公安警察の職質を受けても名刺を見せたとたんに逆に挨拶される、李登輝氏の追悼のため台北駐日経済文化代表処(事実上の台湾大使館)に行くと初対面の職員から顔パスで会場に入れてもらえるなど、中国・台湾関係者から勝手にピンとこられるケースもすくなからずある。  だが、「スパイ養成機関(仮)」にもかかわらず、L老師は講義3回目くらいまで私が安田峰俊だとは気づいておらず、授業はマイペースかつアットホームに進行した。受講者はみんな自宅からZOOMで参加している。講義中のL老師の隣の部屋からは、お孫さんらしき幼児のはしゃぐ声がときおり聞こえてきた。

意外とマジで「孔子学院」だった

 いっぽう講義のなかで驚かされたのは、中国の子どもの文字学習のなかで伝統的に使われてきた『三字経』や『千字文』(日本の「いろは歌」に相当する)をはじめ、儒教の経書『大学』、宋の司馬光が著した歴史書『資治通鑑』など、さまざまな古典の音読をかなりみっちりやらされたことだ。 「イデオロギーの話はともかくとして、国学(guó xué、漢学)のレベルは台湾のほうが高いよねえ」  などと話すL老師の趣味なのか、中国のソフトパワー外交を進めたい孔子学院全体で決まっているカリキュラムなのかは不明だが、どうせ発音練習をやるのならば格調高いテキストを読むほうがいい。  こうした古典の素読(そどく)は、往年の日本の寺子屋で盛んにおこなわれた中国古典の基本的な学習法だ。もちろん本場の中国でも、科挙(官吏登用試験)の勉強の第一歩は子どもたちに経書を音読させることだっただろう。孔子学院は意外とマジで「孔子学院」をやっていたのである。  また、現代文学についても現地の小学校高学年か中学生の教科書に掲載された文章を紹介しているらしく、文学賞レベルの作家のエッセイがポンポン出てくる。こちらもかなり勉強になった。

習近平の著作なんか読まないぞ

 講義で逆に驚いたのは、現代の中国国内では街のあらゆる場所で目にする社会主義核心価値観(富強、民主、文明、和諧、自由、平等、公正、法治、愛国、敬業、誠信、友善の24字からなる習政権のスローガン)や、『習近平談治国理政』など習近平の関連文献をまったく読まされなかったことだ。  中国語学習者にはおなじみの党中央機関紙『人民日報』の文章も、半年間の講義のなかで1~2回、ニュース読解の際に読んだかどうかである。半年間でイデオロギーを感じさせたのは、テキスト内で台湾が「中国台湾」と中国国内の呼称で呼ばれていたことくらいだった(とはいえテキスト内で台湾の話題が出たのは1回きりだ)。  また、他に政治的な匂いを感じたシーンといえば、1957年に周恩来に面会した日本の日中友好人士についてのエピソードと、鄧小平が1978年に訪日したときのスピーチがテキストに登場したことだろうか。  もっとも、いずれも大昔の歴史事件だ。いまどき「周総理は〇〇さんに『人民群衆に奉仕する芸術をおこないなさい』とおっしゃいました」みたいな文章を読んで、中国は素晴らしい国だなあと素直にあこがれる受講生がいるとは思えない。L老師の講義は、実質的にはイデオロギー色はほとんどない内容だった。

結果にコミットする“孔子ブートキャンプ”

 ところで、私の中国語力はプロとしてそれだけでメシが食えるほどの水準ではない(たとえば流暢な同時通訳などは不可能だ)。ただ、ノンネイティブの日本国内在住者としてなら、決してスジが悪いともいえない。  筋トレに置き換えればベンチプレス120キロ、マラソンならサブ3.5を切るぐらいのレベルだろうか。全国代表選手に選ばれるにはほど遠いが、民間人の特技としてなら悪くない水準である。  さて、そんな私にとってL老師の講義は、毎回みっちりとした予復習を必要とする程度には難しいものの、難解すぎてついていけないほどではなかった。つまり、自分が耐えられるギリギリの水準で絶妙な負荷をかけてくれているのだ。授業後には毎回、結果にコミットしている確かな快感があった。  すくなくともM大学孔子学院の通訳実践講座は、L老師の人徳と講師技術ゆえか「プロパガンダ機関」でも「スパイ養成機関」でもなかった。その実態は、極めてハイレベルな中国語教育をニンテンドーSwitch1台分くらいの価格で半年間も提供してくれる、ストイックな孔子ブートキャンプだったのである。

意識の低いチェーン店「沙県小吃」との共通点

 さて、受講を終えてから詳しく調べなおしてみると、どうやら日本の各大学の孔子学院は、M大学と立命館大学(学外者の場合)で半年間のオンライン講義の学費が1万6000円も違っていたり、桜美林大学のように2020年度はまるごと休講していたり、地方私大などでは中級コースまでしか開設していなかったりと、中国国家の世界戦略の一端とは思えないほど方針の統一感が欠けている。  各地の孔子学院の公式ホームページの様式も完全にバラバラだ。立命館大学やM大学はページの作りがしっかりしていてカリキュラムや受講方法がわかりやすいが、工学院大学や愛知大学はややわかりにくい。なかには岡山商科大学のように、ページ内容がほぼなくPDFファイルがアップされているだけ……という孔子学院すらある。 「孔子学院」という看板は借りているものの、各地の運営実態は大きく異なる。ここから私が思わず連想してしまったのは、中国最大のファーストフードチェーン「沙県小吃」だった。  沙県小吃は中国全土に6万店を擁するが、各店舗の看板も店内インテリアも、価格やメニューも完全にバラバラ。チェーンとしての統一感はゼロという、いかにも中国のローカル社会っぽいユルい雰囲気が漂う飲食店である。  チェーンの元締め的な存在である福建省の沙県政府は、個々の店舗の経営には関与せず、「沙県小吃」の看板のもとで何をやるかはフランチャイズオーナーの裁量に任されている(ただし、料理教室や原材料は沙県人脈を中心に提供されるなど、ブランド内で一定の共通要素もある。詳しくは田中信彦氏の この記事 を参照)。  孔子学院についてもこれと同様に、各大学ごと、さらには各講師ごとの裁量がかなり大きいのではないだろうか。M大学のL老師に当たった私は、きっと大当たりだったのである。

スパイ養成機関、求む!

 事実、かつて劉暁波や王丹の翻訳・通訳を担当した経験を持つ中国民主派シンパの先生(日本人)が、2018年ごろまで某大学の孔子学院で教えていた実例もある。なお、劉暁波は2008年に民主化アピール「〇八憲章」を発表してノーベル平和賞を受賞した中国民主化運動の精神的指導者(2017年に病死)で、王丹は六四天安門事件の学生リーダーの筆頭だった人物だ。  こちらの先生については、私のように講演会に1回登壇したというレベルではなく、某大学の孔子学院で講義を受け持っていた本物の「講師」だった。おそらく大学側の人事的な都合から孔子学院に配属されたと思われるが、世間にはこのくらいフリーダムな孔子学院すら存在するのだ。  もちろん、各機関・講師の裁量が大きいということは、民主派孔子学院やストイックな孔子ブートキャンプとは、完全に逆のパターンの施設も存在し得るということでもある。  もしかすると日本のどこかには、朝から晩まで受講生に習近平の著作を学習させ、紅歌(中国共産党のプロパガンダ歌謡)を歌わせ続ける「虎の穴」さながらのスパイ養成講座を開講する孔子学院もあるかもしれない。見つけた方は、面白そうなのでぜひ私にご一報をいただきたい。  さておき、中国政府の対外政策のおかげで学費は激安。なのにレベルは非常に高い。中国人民の血税を使って自分のスキルアップができて、おまけに取材の結果をこうして記事にできるのだから、私はもはや孔子学院に足を向けて寝られない。  来年度もどこかの教室のZOOM講義に紛れ込んでみようか。かなり本気で検討中である。 ◆ ◆ ◆  孔子学院や千人計画から香港デモまで、現代中国の諸問題と秘密結社の現在を追う安田峰俊の新著『 現代中国の秘密結社 』(中公新書ラクレ)は好評発売中。また、群馬県のベトナム人豚窃盗問題と技能実習生問題の真の闇を暴く『 「低度」外国人材 移民焼き畑国家、日本 』(KADOKAWA)も2021年3月2日刊行予定です!

https://news.yahoo.co.jp/articles/9d95d8c415db7db3bab5240141e9a5fbdcbc315c?page=6

文春オンライン

【関連記事】


PDF