みなさまのNHK」の職員が緊急事態宣言下の東京・神楽坂に繰り出し、深夜に酒をガバガバ飲んで大暴れ。タクシー運転手に殴る蹴るの暴行を加え、消火器を投げつけていた。15日、傷害容疑で警視庁牛込署に現行犯逮捕されたのは、NHK報道局映像センター職員の鞘本諒介容疑者(32)。 ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル  鞘本容疑者は休日だった14日、現場近くの神楽坂の居酒屋で友人たちと酒を飲んでいた。翌15日午前2時20分ごろ、帰宅しようと店を出たが、ベロベロに酔っぱらっていて、新宿区矢来町の車道をフラフラになりながら歩いていた。後ろから通りがかったタクシーの運転手(67)が「危ないですよ」と注意すると、鞘本容疑者はこれに激高。運転手につかみかかり、顔面を殴り、脚を蹴り、路上に設置してあった消火器を取り出し、運転手目掛けて放り投げ、ケガを負わせた。  調べに対し、「酒に酔っていて覚えていない」と供述しているというから、相当飲んでいたのだろう。鞘本容疑者をめぐっては、以前から局内で「酒癖の悪さ」を心配する声が上がっていたという。 「昨年秋、東京に転勤になり、花形番組『ニュース7』でニュース映像の編集をしていました。仕事もキチンとするし、普段は性格のいいヤツなんだけど、酒が入ると人が変わってしまう。いつか酒が原因で、問題を起こすのではと思っていた」(NHK関係者)  本人のものとみられるSNSなどによると、小学校低学年から野球を始め、高校時代は野球部の主将を務めたスポーツマン。東京赴任前の前任地では、仲間と海釣りやキャンプ、サイクリングなどアウトドア生活を楽しんでいた。 ■NHKの見解は?  NHKは緊急事態宣言対象の住民に、番組を通じて不要不急の外出を控えるよう呼び掛けているが、職員が呼び掛けを無視していた。広報局に見解を尋ねた。 「NHKでは、全国的に新型コロナウイルスの感染拡大が深刻な状況であることを踏まえ、職場での感染拡大を防ぎ、事業継続を確実に実践していくために、すべての役職員、スタッフなどに対して、会食を控えるなど、公共メディアで働く者としての自覚を持った行動をとることを、これまでも繰り返し注意喚起してきました。今回、これらに反する行動があったことは極めて遺憾です」  国民の多くが新型コロナウイルスの感染を収束させるため、自粛生活を送っている。公共放送の看板番組の担当者に「自覚のかけら」すらないのだから、困ったものだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d42630bb4d10b9ad6531ea595e85f06bca236445

日刊ゲンダイDIGITAL


PDF