【ソウル時事】韓国外務省の崔鍾文第2次官は現地時間の23日、ジュネーブの国連人権理事会の会合でビデオ演説を行い、慰安婦問題に言及した上で、「慰安婦の悲劇は普遍的な人権問題として取り上げられるべきだ」と強調した。 【図解】韓国の対日感情の推移  ただ、日本を名指ししての批判は避けた。  加藤勝信官房長官は24日の記者会見で、2015年末の日韓合意で慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的な解決」を確認していると指摘し、崔氏の発言は「全く受け入れられない」と強調。山崎和之ジュネーブ国際機関代表部大使が韓国側にこうした考えを申し入れたという。

崔氏は演説で慰安婦問題に触れ、「被害者の苦痛に満ちた経験から現在と未来の世代が貴重な教訓を学ぶべきだ」と主張し、再発防止を呼び掛けた。また、韓国政府が元慰安婦の尊厳と名誉回復に努めていくと語った。 

https://news.yahoo.co.jp/articles/d6621fc3f55032cacb6799465e239b9e3df6af5c

時事通信

【関連記事】


PDF