米西部カリフォルニア州ハリウッドで24日夜、人気歌手レディー・ガガさん(34)の愛犬3匹の散歩を代行していた男性が銃撃され、うち2匹が連れ去られる事件があり、2匹は2日後の26日夕、無事に保護された。AP通信が報じた。事件とは無関係の女性がロサンゼルス市内の警察署に連れてきたという。2匹が女性の手に渡った経緯は不明。  事件は24日夜、ハリウッドの路上で起きた。ガガさんの愛犬のフレンチブルドッグ3匹の散歩を代行していた男性が、近づいてきた乗用車から降りた2人組の男に銃撃され、2匹が乗用車に乗せられ連れ去られた。  APによると、女性は26日午後6時ごろに警察署を訪れ、ガガさんの関係者らが、連れ去られた2匹であることを確認した。  イタリアに滞在中のガガさんは26日、事件後初めてツイッターとインスタグラムに2匹の写真と「心を痛めている。家族がまた一緒になれることを祈っている」とのメッセージを投稿。2匹を無事に返してくれれば50万ドル(約5300万円)を支払うと改めて表明していた。銃撃された男性は命に別条はないとみられるという。

https://news.yahoo.co.jp/articles/4b9222e792e3974d5ec8bd82232b5ea1a4548437

毎日新聞


PDF