車両横転事故で重傷を負った「ゴルフの皇帝」タイガー・ウッズが事故当時に居眠り運転をしていた可能性があるという専門家の推測が出てきた。 【写真】事故が発生したウッズの現代自動車 USAトゥデイやFOXニュースなど外信は2日(日本時間)、複数の専門家の意見を総合した結果、ウッズが運転中に居眠りをしていた可能性ももあると報じた。 ウッズは先月23日、ロサンゼルス郡でジェネシスGV80車両を運転をしている途中、自動車が横転する事故で右足を大きく負傷した。病院に運ばれたウッズは複雑骨折で緊急手術を受けた。 専門家はウッズが運転していた自動車がカーブでもスピードを落とさなかった点を根拠に居眠り運転に重点を置いた。警察捜査官出身で交通事故専門家のジョナサン・チェルニー氏は「カーブ道で車が直進したというのは居眠り運転の典型的な事例」とし「意識不明や居眠りで車両が道路を離脱するまで目覚めることができないようだ」と加えた。 また右足を大きく負傷したのはウッズが事故直前にブレーキを踏んだためだと分析した。 別の専門家であるフェリックス・リ-氏は最も可能性が高いとされたスピード出し過ぎ運転に対しては否定的な立場を出した。リー氏は「私が感じるところ、速度は大きな問題ではなかったようだ」としながら、ブレーキ跡が見られないことをめぐり、アンチロック・ブレーキ・システムを取り上げて「必ずしもスキッドマーク(タイヤ痕)ができる理由はない」と明らかにした。フィールド調査の結果、ウッズの事故は薬物や飲酒とは関係がないことが明らかになった。 ウッズは現在入院しながら回復に向けて治療に専念している。復帰できるのか、またそうなった場合時期はいつかなどについては未知数だ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/bcee3be451cf855649da8c5336f4ab35f8d00bd7

中央日報日本語版


PDF