常にトンデモなニュースを発信し続ける中国。世界じゅうで話題となった“パクリ遊園地”を100か所以上も訪れている辺境マニア・関上武司が、最新版“あり得ない”中国ニュースをピックアップ! 【写真】中国の「キモかわいくない」着ぐるみたち

トップ女優「育児放棄」騒動その後 

 中国版『花より男子』で主演を務めた清純派女優のジェン・シュアン(鄭爽)が女優生命のピンチに陥っている。元夫で若手人気俳優のチャン・ハン (張恒)との結婚期間中に、米国で代理出産により2児をもうけたものの、離婚。その後、育児放棄をしたことが明るみに出て、プラダをはじめスポンサーは次々と契約を打ち切り、出演作品はお蔵入りとなった。 「中国では代理出産は法律で認められていません。そのうえ、親族を非常に大切にするのが中国人です。春節(旧正月)の里帰り=民族大移動の様子が、それを端的にあらわしていますよね。それゆえ、このような代理出産&育児放棄といったスキャンダルについては、彼らの怒りもすさまじいのでしょう」(現地在住の報道関係者)  近年の中国芸能界のギャラは高騰していることから、若手トップ女優のCM打ち切りや出演作品の公開中止による違約金は天文学的な額になる模様。所属事務所だけでなく、彼女自身にも火の粉が降りかかることは必至だ。  その影響なのか、事実が発覚後、ジェン・シュアンは1月22日には上海の自宅マンションを売り払っている。その額、なんと1.3億元(約21億円)! すぐに買い手がつくのもスゴイ話だ……。  騒動から約1か月が経過したが、ジェン・シュアンとチャン・ハンの双方は代理出産についての回答をしていないものの、ジェン・シュアンの育児放棄の姿勢と女優業の危機は何ら変化がない状況だ。  2月16日、チャン・ハンのFacebookアカウントの写真などがほぼ削除。原因は不明だが、ネットでは「今、チャン・ハンは注目されたくないのだろう」といった推測をされ、ジェン・シュアンとの和解の可能性があるという大胆な予想も報じられている。  現在、ジェン・シュアンは放送・上映禁止になった出演ドラマ、映画やスポンサーへの損害賠償問題といった処理に追われて多忙とのこと。さらに税金の問題や、以前出演した抗日ドラマへの不適切な発言も追及されている。  代理出産とはいえ、罪のない2名の幼児の尊い生命は今後、どうなるのであろうか? 健やかな成長を祈るばかりだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/fdd8c755475d466019385552a7b2166673995fa7

週刊女性PRIME


PDF