(CNN) 米海軍は28日までに、ハワイを出航後5カ月近くにわたり太平洋を漂流していた女性2人と飼い犬2匹を日本の南東沖約1450キロの海域で発見し、救助したと発表した。女性らはヨットに積んでいた乾燥食品を食べて生き延びていた。

女性の一人、ジェニファー・アペルさんは26日、メディアとの電話取材で、「米国に奉仕する人々が私たちを助けに来ると知ったときは、信じられないほど感動的で、とても満たされた思いだった」と言及。救助前は「非常に重苦しい」「絶望的」な状況だったと語った。

女性2人は5月3日、米ハワイから南太平洋にある仏領ポリネシアのタヒチ島を目指してヨットで出航した。アペルさんによると、トラブルに見舞われたのは同月30日。悪天候によりエンジンが浸水した。海軍によれば、その後2人は航海を続けることを決断したが、当初想定していた航路から外れてしまったという。

アペルさんはまた、CNN系列局KHNL/KGMBとの電話インタビューで、ヨットのマストも損傷し、構造に問題が発生、操舵(そうだ)が難しくなり通話機能も失われたと語った。

海軍によると、2カ月が経過した後、2人は毎日のように救難信号を発信し始めた。だが信号が受信されるには、他のボートや海岸沿いの施設からあまりに遠くにいた。

海軍によれば、女性らはヨットに積んでいた1年分の乾燥食品を食べて生き延びたという。また、浄水装置も持っていた。女性らは、2度にわたるサメの攻撃も受けたと話している。

5カ月近くにわたり海を漂流した末、台湾の漁船がついに女性らを発見。漁師はヨットをえい航しようとしたが失敗し、米沿岸警備隊に連絡した。

米海軍は今月24日、日本の南東沖約1450キロの海域でヨットを発見。付近では当時、日本の佐世保の母港とする海軍艦船アシュランドが航行しており、25日朝にヨットにたどり着いた。

女性2人は診察を受け、次の寄港地まで同船にとどまる予定。

漂流に詳しい専門家は、台湾の漁船がヨットを発見した位置とタイミングがよかったと指摘。ここで発見されなければ、再び日本沖から太平洋の方に流され、北太平洋の冬の荒波に直面していた恐れがあるという。漂流の平均距離は1日20キロで、ヨットは赤道の北側から流され始め、通常の漂流パターンに沿って動いたと推測している。

https://www.cnn.co.jp/usa/35109510-2.html

CNN.co.jp


PDF