クーデターで権力を握った国軍への抗議デモが続くミャンマーで14日、デモ参加者ら38人以上が治安部隊との衝突で死亡した。 軍とデモ参加者のこうした衝突は6週間にわたり続いている。 最大都市ヤンゴン市のラインタヤ地区と、隣接するシェエピタ地区ではこの日、中国系の商業施設が襲撃された。これを受け、軍は戒厳令を出した。 治安部隊は抗議デモへの強硬姿勢を強めている。その状況を現地から報告する。

https://news.yahoo.co.jp/articles/4bf4278f7e6e2a997416543af41650a0dc76c28e

BBC News


PDF