【ニューヨーク時事】五輪を忘れていた―。  今夏の東京五輪・パラリンピックの海外観客受け入れ中止は、米メディアも相次ぎ速報した。しかし、新型コロナウイルス大流行で死者・感染者とも世界最多の米国では依然、五輪を楽しみに待つという雰囲気ではないようだ。  米国では日本メディアを引用する形で今回の方針が事前に一部で報じられた。ただ、会計士の黒人男性(24)は「正直、五輪を忘れていた」と苦笑い。受け入れ中止には「妥当だと思うけど、状況が改善して主催者側の方針が変わるといいね」と語った。ドアマンの白人男性(30)は「今は一カ所に集まるのは安全じゃない」と理解を示し、「中止か再延期した方がいいと思う」と話した。  決定は米国の土曜早朝だったが、ニューヨーク・タイムズ紙(電子版)は「新型コロナウイルスがもたらした現実に対する大きな譲歩」と速報。AP通信はこの決定直前に宮城県沖で起きた地震にも触れ、日本で地震が多いことを「思い出させた」と報じた。 

https://news.yahoo.co.jp/articles/c1e022d681197020e6b51afd1b9017b322479b15

時事通信

【関連記事】


PDF