一番おいしい台湾産パイナップル

2021年2月26日に中国海関総署(中国税関総署)は『3月1日から台湾地区の「菠蘿(発音:ボーロ―)」の輸入を一時停止する』と発表した。その理由は、台湾地区から輸出される「菠蘿」から有害昆虫の貝殻虫(カイガラムシ)が検出されたというものだった。 【写真】中国初の「コストコ」が、オープン日に半日で閉店した「残念な理由」  「菠蘿」とはパイナップルを意味する。中国の標準語である「普通話」ではパイナップルを「菠蘿」と呼ぶが、中国・福建省と台湾海峡で隔てられた台湾では、パイナップルを台湾の標準語「国語」で「鳳梨(発音:フォンリー)」と呼び、台湾土着の言語である「台湾語」では「王梨(発音:オンライ)」と呼ぶ。  「菠蘿」を中国のオンライン百科事典「百度百科」で検索すると、そこには次のような記載があった。 ———- 【原文】菠蘿(学名:Ananas comosus),菠蘿是鳳梨的俗称, 属熱帯水果之一。有70多個品種,嶺南四大名果之一。 【訳文】パイナップル(学名:アナナス・コモサス)、菠蘿は鳳梨の俗称で、熱帯果物の1つに属する。70種類以上の品種があり、「嶺南(広東省・広西チワン族自治区・海南省などを中心とする中国南部地域)」の4大果物の1つである。 ———-  ちなみに、「嶺南の4大果物」とは、荔枝(ライチ)、菠蘿(パイナップル)、香蕉(バナナ)、木瓜(パパイア)を指す。  ところで、上述の「百度百科」は、「菠蘿は鳳梨の俗称」と述べているが、実際には中国で産出される菠蘿と台湾で産出される鳳梨には大きな違いがあり、全ての面で鳳梨が菠蘿より優れているようだ。中国のウェブサイト「棗百科」に列挙されている両者の違いはこうなる。

———- 1.パイナップルの実の上にある葉っぱを「冠芽(かんが)」と言うが、菠蘿の冠芽には小さな鋸状のギザギザがあるのに対して、鳳梨の冠芽には鋸状のギザギザはない。 2.パイナップルの実は100~200個の小さな実が集まった「集合果」である。菠蘿はその小さな実と実の間の溝が深く、尚且つ皮が厚いので、食べるには皮を厚くむくと同時に果肉にある突起を刃物で削り取る必要がある。一方、鳳梨は小さな実と実の間の溝が浅く、尚且つ皮が薄く、果肉に突起がないので、皮をむくのが容易である。 3.菠蘿は果肉を塩水に漬ける必要があり、食べると舌がざらつく感じがする。これに対し、鳳梨は果肉を塩水に漬ける必要はなく、そのまま食べられるし、食感は滑らかで、舌がざらつくこともない。なお、鳳梨は芯が柔らかいので、果肉だけでなく芯も食べることができる。 4.菠蘿と鳳梨が含有する水分と糖度の比較は以下の通り。 【水分】菠蘿:★★★★ vs.  鳳梨:★★★★★ 【糖度】菠蘿:★★ vs. 鳳梨:★★★★ ———-  前置きが長くなったが、同じパイナップルでも菠蘿と鳳梨の間には大きな相違があることを理解いただけたと思うので、本題に戻ることにする。

カイガラムシは言いがかりか

 2月26日に中国税関総署は3月1日から台湾地区産パイナップルの輸入を一時停止する旨の通知を発表した。  これに対し、台湾政府「行政院農業委員会(内閣農林水産省)」は、「台湾のパイナップルは中国およびその他16か国・地域へ輸出されているが、それらはすべてWTO(世界貿易機関)の国際基準に準拠して輸出されているものである。現在はパイナップル収穫の最盛期であり、中国が一方的に実施する台湾産パイナップルの輸入一時停止措置は到底受け入れることができない」と強い反発を示した。  ただし、台湾産パイナップルは確かに中国、日本、香港、シンガポール、カナダ、米国などの16か国・地域へ輸出されているが、2020年の統計によれば、その主体は中国(輸出総量の91%)、日本(同4.7%)、香港(同2.7%)であり、残りの13か国・地域への輸出量は微々たるものに過ぎない。  さらに、行政院農業委員会は中国側が輸入一時停止の理由とした有害昆虫のカイガラムシについて、次のように反論した。すなわち、パイナップルからカイガラムシが検出されるのは決して珍しいことではなく、検出された場合は燻蒸処理を施すことで問題を解消するのが通例である。  燻蒸処理は日本でも行われている方式であり、カイガラムシの検出を理由にパイナップルの輸入を一時停止するというのは、完全に国際貿易基準を逸脱したやり方である。なおかつ、昨年の中国検疫における合格率は99.79%で安全基準を十分満足していた。  台湾における鳳梨(パイナップル)の年間生産量は四十数万トンであり、この内で輸出されるのは全体の10%前後の4万トン強に過ぎず、それ以外の90%もの鳳梨は台湾国民によって自国消費されるのである。輸出量がわずか4万トン強で、輸出比率が全体の10%前後であるなら、たとえ中国が鳳梨の輸入一時停止を行ったとしても、輸出用鳳梨の生産農家を除けば、台湾全体で考えればさほど大きな問題ではないように思えるのだが。

馬英九国民党政権の統一政策の象徴

さて、2008~16年の8年間にわたり台湾を統治していたのは、馬英九総統(=大統領)率いた中国国民党政府であったが、将来的に中国との統一を志向する馬英九政権は長年敵対していた中国との経済協力の拡大を志向し、2010年6月29日に『海峡両岸経済合作架構協議』(Cross-Straits Economic Cooperation Framework Agreement,略称:ECFA)を締結し、同年9月12日に発効した。  ECFAは台湾・中国間における自由貿易協定(FTA)であったので、台湾・中国双方が関税引き下げによる貿易拡大を目指したが、台湾産の鳳梨(パイナップル)は中国側が先行して関税を引き下げる「アーリーハーベスト品目」の1つに選定された。  この結果、鳳梨の輸出先第1位は2009年までは日本であったものが、ECFAが発効した2010年に中国が日本を逆転して輸出先第1位になると、その後は第2位に転落した日本との差を年々拡大し続けたのだった。  そこで、台湾政府・行政院農業委員会「農業統計」に基づき筆者が作成した下表「台湾産鳳梨の対中国輸出額と輸出比率」を参照願いたい。  ECFAの発効から5年目の2014年には鳳梨の対中輸出量は8183トンであったが、翌年の2015年には2.6倍の2万1485トンとなり、9年目の2019年には最大の5万1112トンと2014年の6.2倍にまで増大した。   また鳳梨の対中輸出額は2014年には833万米ドルに過ぎなかったが、その後は倍々ゲームで拡大を続け、2019年には鳳梨の輸出総額6709万米ドルに占める対中輸出額は6450万米ドルとなり、輸出総額に占める対中輸出比率は96%以上であった。ちなみに、同年の日本向け輸出額は137万米ドルで、総輸出額に占める比率は2%に過ぎなかった。  2020年は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を受けて輸出総量(4万6297トン)と輸出総額(5597万米ドル)は共に減少し、その内の対中輸出量(4万2121トン)と対中輸出額(5036万米ドル)がそれぞれ総量と総額に占める比率は91%と90%であった。  中国による輸入一時停止が実施される直前、2021年1~2月の2カ月間における台湾の鳳梨輸出状況は、輸出総量:3,149トン、対中輸出量:3,000トン(95%)、対日輸出量:84トン(3%)、輸出総額:409万米ドル、対中輸出額:381万米ドル(93%)、 対日輸出額:13万米ドル(3%)であった。  中国向けに台湾から輸出されている鳳梨以外の果物には、番茘枝(バンレイシ)、蓮霧(レンブ)などがあるが、輸出量が最大なのは鳳梨であり、第2位は番茘枝である。2020年における番茘枝の輸出総量は1万4284トンで、対中輸出量は1万3588トンで全体の95%を占めた。また、輸出総額は4479万ドルで、対中輸出額は4245万ドルで全体の95%を占めた。

この先に台湾侵攻がある?

2016年から台湾を統治する民主進歩党の蔡英文政権は、経済的な「北(中国)」偏重から脱却して「南(ASEAN・東アジア)との関係強化」を目指す「新南向政策」を標榜してきたが、このように2020年における鳳梨と番茘枝の輸出総量・総額の対中比率は共に90%以上で、中国依存度は年々強まる傾向にあった。  2020年4月にオーストラリアのモリソン首相は「新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の発生源などを調べるための独立機関による中国での調査が必要である」という趣旨の考えを示したが、これに強く反発した中国政府は2020年5月12日からオーストラリア産牛肉の一部に対する輸入禁止を、11月6日からはオーストラリア産ロブスター、ワイン、大麦、砂糖、木材、石炭、銅鉱石の7品目に対する輸入禁止を、それぞれ実施した。さらに、中国は12月にはオーストラリア産石炭および原木の輸入禁止を実施したのだった。  今回の台湾産鳳梨の一時輸入禁止措置を中国がいかなる意図で打ち出したのかは分からないが、台湾の鳳梨輸出における対中輸出比率が90%以上であるという台湾の弱点を突いた可能性は否定できず、鳳梨の次には番茘枝の輸入禁止を打ち出す可能性が考えられる。  中国共産党中央委員会総書記の習近平は、2022年10月頃に予定される中国共産党第20回全国代表大会で、「総書記」として史上初の第3期目を目指そうとしているが、そのために赫赫(かくかく)たる業績が必要であり、それには台湾進攻による祖国統一の可能性が最も高いとされる。  台湾産鳳梨の輸入一時停止が台湾進攻への布石だというのは考えすぎだろうか。

「禍を転じて福となす」

 ところで、3月2日、台湾政府・行政院農業委員会主任の陳吉仲は、臨時の記者会見を開催して次のような発表を行った。  1.中国が台湾産鳳梨の輸入一時停止を実施して以来、鳳梨に対する台湾内外からの予約購入、加工依頼および海外輸出で販売された累計総量は、活動開始からわずか4日間で4万1687トンに上り、昨年(2020年)通年の対中輸出量(4万2121トン)とほぼ同量に達した。  2.鳳梨を買い付けた企業は180社に上り、今年は中国以外の16の国・地域の買い付けが3万トン、台湾内部の加工に2万トン、さらに日本の購入量が5000トンであることが確認された。まさに「禍(わざわい)を転じて福となす」を実現した快挙である。  この日本による鳳梨5000トン購入とは、2011年3月11日に発生した東日本大震災の際に、世界に先駆けて台湾が250億円もの義援金を贈ってくれたことに対する御礼の意味を込めて、日本の企業が中国の輸入一時停止で苦境に立たされた台湾を救おうと鳳梨の購入を決めたもので、ある関係業者はたった1日で日本の鳳梨に対する注文が突然30%も増加したと話している。  日本では、首都圏のスーパーマーケットであるロピアやBELXなどが、3月中旬から台湾産パイナップル(鳳梨)の先行販売を開始したが、今後は全国各地のスーパーマーケットを主とする店舗で順次販売が展開される模様である。3.11義援金に対する返礼として、台湾産パイナップルが販売されているのを見かけたら、台湾支援の意味で是非とも1つ購入しようではないか。

自由パイナップルへの連帯

 台湾政府「外交部長(外務大臣)」の呉釗燮(ごしょうしょう)はツイッターに「オーストラリアのFreedom Wineを覚えていますか」と書き込んだ。“Freedom Wine(自由ワイン)”とは、中国の制裁によって輸出停止となって行き場を失ったオーストラリア産ワインを友好国が率先購入して支援した運動を指す。  呉釗燮は今回の中国による鳳梨の輸入一時停止措置に際して、台湾が“Freedom Pineapple(自由パイナップル)”運動を提起して、台湾内外の友好法人・私人に率先的な鳳梨の購入を呼び掛けたが、結果は「案ずるより産むが易し」であったと述べたのだった。  3月1日から台湾産鳳梨の輸入が一時停止されると、中国の菠蘿(パイナップル)産地である広東省徐聞県では菠蘿の買い付け価格が大幅に値上がりし、昨年は1斤(=500グラム)当たり1元(約16円)であったものが、2.8元(約45円)から3元(約48円)に上昇し、30年来の高値を記録したという。なお、徐聞県は中国最大の菠蘿産地であり、菠蘿の年間生産量は70万トンに達する。  中国が3月1日から台湾産鳳梨の輸入一時停止を実施したことによって、棚ぼたの利益を得たのは徐聞県であり、本来、被害者であるはずの台湾は内外の友好買い付けによって事なきを得ると同時に、鳳梨輸出の対中依存から脱却する契機をつかむことに成功したようだ。  そして、鳳梨を武器に台湾イジメを画策した中国にとっては「大山鳴動鼠一匹」というお粗末な結末を招いただけでなく、友好諸国による台湾擁護の連帯を強化させたのだった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/40fe91c66c5e4f4611e2fcaec4f0dc5787ac414a?page=5

現代ビジネス


PDF