イギリス・ロンドンで3月10日、数日前から行方がわからなくなっていたサラ・エヴァラードさん(33)とみられる遺体が発見され、間もなく身元が確認された。【BuzzFeed/Ade Onibada】 アジア系女性は「モノ」ではない。全米各地でアジア系アメリカ人への人種差別講義デモ。

事件に関与した疑いがあるとして、ロンドン警視庁の警察官ウェイン・カズンズ容疑者(48)が逮捕され、殺人・誘拐容疑で訴追された。

エヴァラードさんの死をイギリス中が悼み、市民を守るべき立場にいたものが殺人容疑者として浮上する中、女性たちの間で安全を懸念する声が高まっている。

エヴァラードさんが最後に目撃されたのは3月3日。ロンドン南部の友人宅から50分の道のりを徒歩で帰宅中、行方不明となった。

防犯カメラが、エヴァラードさんの姿をとらえている。写真では、エヴァラードさんが夜9時30分ごろ、明るい色の服を着て交通量の多い通りを歩いていた。

その後、エヴァラードさんが家に辿り着くことはなく、すぐに捜索が始められたが、死亡が濃厚となり捜索は打ち切られた。

3月10日、遺体は最後に目撃された場所から約90キロメートル離れたところで発見された。その後カズンズ容疑者が逮捕・訴追された。

エヴァラードさんの死は、女性や少女に対する暴力への抗議運動に発展している。SNSでも抗議の声が広がる中、最もシェアされているひとつは、あるインスタグラムの投稿だ。次のようにキャプションがついている。

「家に着いたらメールして」

どんな風に言ったらいいのかさえも分からない。私の言葉で、いま多くの女性がどう感じているのかを十分に言い表せるとは思えないから。

サラ・エヴァラードさんのこと、ひとりの女性が家にたどり着けなかったことを考え続けてしまう。耐えられない。

今週、私は他の女性たちと、深く繋がっている感覚があった。自分たちの身の安全に意識過剰でいることは、これまでずっとしてきたこと、という会話もした。この深い繋がりは、つまり恐怖感からきている。

私たちはみんな、現在位置を教え合った。私たちはみんな、靴を履き替えた。私たちはみんな、鍵を手に握りしめた。私たちはみんな、電話をかけた。実際にかけたり、かけるフリをしたり。私たちはみんな、髪の毛をコートの中へ押し込んだ。私たちはみんな、暗い道は走った。私たちはみんな、逃げ道を考えた。

油断ならないのは、これらのことは、特別な安全策とさえ思えないこと。文字通り、これらは私たちが幼い少女のころから身につけなければならなかった、深くしみこんだ振る舞いであり行動に過ぎない。そうせざるを得ないから。

「家に着いたらメールして」は、女性にとって普通の行動で、自動運転。

女の人はヘッドホンをして夜にひとりで歩けない、という事実を、もっとたくさんの男性に分かってほしい。

ウーバータクシーを呼ぶたびに、「もしかして」という思いがよぎる。「親切にしようとしているだけだよ」と言われるたびに、言った人も悩みの種になる。男の人のグループを通りすぎるたびに、鼓動が少し速くなる。道でのセクハラに怒鳴り返すとき、自分たちの安全を危険にさらす賭けになる。

女性にいやがらせをするのをやめて。被害者叩きをするのをやめて。男性の行動の責任を、女性に負担させるのはやめて。

女性は、ひとりで家に歩いて帰れるべきだった。

この投稿は、フィットネスの専門家ルーシー・マウンテンさんによるものだ。欧米では、女性どうしで集まって解散するとき、学校や職場から遅い時間に帰るとき、「家に着いたらメールしてね」と声を掛け合うことが多い。

この習慣がつまり何を意味するのか。エヴァラードさんの死とともに投稿が拡散され、女性に対する暴力や脅威が、いかに日常生活の一部であるかを思い出させる機会となった。

SNSでは、女性や少女への暴力への迅速な対処を求めて、#textmewhenyougethome(家に着いたらメールして)や#ReclaimTheStreets(街路を取り戻せ)などのハッシュタグを使い、多くの女性が経験をシェアしている。 「Text me when you get home safe(無事に家に着いたらメールして)は、知り合いの女性に別れ際に言うこと。考えてもみませんでした。実際にこれを伝えるときは、友人に何かひどいことが起きないか、無事が確認されるまで心配でなりません。本来はこうあるべきではないですよね」とあるユーザーは投稿している。

別のユーザーは、次のように書いた。

「女性たちが自宅の住所、(自分がいる)バー、公園、デート場所の住所を、身を守るため互いに共有していると、男性は知っているのかな。友だちに電話をかけてもらう約束もしている。『夜11時までに私が連絡しなかったら、電話して。私がもし電話にでなかったら、警察に電話して』ってね」

エヴァラードさん殺害事件の捜査は続いており、デモや追悼集会も行われている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b8db59e05daa0b5c2bdb236ad54e8c89f54a332d

BuzzFeed Japan


PDF