3月25日、横浜の日産スタジアムで開かれた日韓親善サッカーの試合で、韓国代表は日本代表に0-3で完敗した。この試合を巡って、大韓サッカー協会が謝罪文を発表するなど、韓国内では大きな波紋を呼んでいる。 韓国選手から顔面に“肘打ち”を食らったDF冨安健洋  試合の翌日の26日、韓国メディアは日韓親善試合試を「歴史的拙戦」「横浜大惨事」と呼び、厳しく非難した。 ■ 「韓日戦の重さ知らない」と監督の責任追及の声  『東亜日報』は、「サッカーが90分でよかった・・・韓日戦 0-3“横浜大惨事”」という記事で、25日の戦評を以下のように書き下ろした。  <10年前の札幌惨事よりも惨憺たる横浜屈辱だった。パウロ・ベント監督率いるサッカー韓国代表チームが、プライドのかかったサッカー韓日戦で拙戦の末、完敗を喫した。技術、精神力、闘志など、すべての面で無気力に押し出された>  『中央日報』は、「有効シュート1本・・・孫興民(ソン・フンミン)が思い浮かんだ横浜惨事」という記事で、韓国代表チームの拙戦を批判し、エース・孫興民の不在が大きく感じられると評価した。  <通算80回目の韓日戦でベント号(パウロ・ベント監督率いる韓国代表チーム)は、ベント監督が強調していたビルドアップサッカーも不在のうえ、後半39分になってようやく初めて有効シュートを記録するという拙戦をみせ、札幌惨事(0-3敗)に続き、10年ぶりに再び「3ゴール差の0敗」という屈辱を受けた>  『スポーツ朝鮮』は、「試合結果は予見された惨事」と指摘し、特にパウロ・ベント監督の選手選抜の問題点を指摘した。  <今回の選手リストで最も残念な点は、「彼らが韓国を代表する、最高のコンディションを持っている選手だったか」という点だった。ベント監督は以前にも、「リーグで良い姿を見せる選手ではなく、自分の人材プール内で選手を選抜している」と指摘されてきた。そのプールを増やさなかったため、結局(体調が悪くて)うまく走れない選手が選ばれたり、同じチームから大量に選抜(現代蔚山チームだけで8人が選抜された)が行われたりすることになってしまった>  『MKスポーツ』も、「韓日戦の重さを知らないベント監督が傷だけを与えた」という記事で、監督の責任論に言及した。  <ベント監督は10日間、3度も“韓日戦の特殊性をよくわかっている”と強調したが、“じゃんけんでも負けてはいけない”という日本を相手に実験的な選手起用で前半2失点の末、0-3完敗を招いた>

■ 韓国代表のラフプレーに韓国中が激怒  他にも試合中に、韓国のイ・ドンジュン選手(FW)がボールと関連のない場面で冨安健洋選手(DF)の顔面をエルボーで強打した事件もメディアや韓国のネット民からの非難の的となった。  「戦術とマナーともに負けた。有効シュートよりもダーティープレーが多かった」(TV朝鮮)  「韓日戦、マナーも負けた。日本選手の顔面強打をめぐる議論」(ニュース1)  「腹いせ?  イ・ドンジュン、キム・テファン・・・韓日戦最悪の醜態」(デイリーアン)  「韓日戦の非マナー議論、イ・ドンジュンに向けられた非難」(スポーツ京郷)  イ・ドンジュン選手のインスタグラムにも韓国サッカーファンから非難の書き込みが相次いだ。  「同じ韓国人として恥ずかしく思う。謝りなさい」  「サッカーができないならせめてマナーでも守ってくれ」  「サッカーは負けたけど、戦いには勝ててよかったですね」  「試合に負けるのは仕方ないが、ドンジュン選手の行動には失望した」

 “被害者”の富安選手は、試合翌日、自身のインスタグラムでこの騒動にこう言及している。  「相手選手からの肘打ちの件ですが試合中には起こり得ることで、彼が故意的にやった事ではないと信じています。もうすでに謝罪のメッセージも受け取っていますし、大きな問題にならない事を願っています!」  このコメントに、韓国のサッカーファンからも称賛や謝罪の声が寄せられた。 ■ サッカー協会会長が謝罪文を出さざるを得ない事態に  試合直後、韓国代表チームのユニホームに太極旗(韓国の国旗)とともに日の丸がプリントされていることに対する不満もネット上に溢れていた。大韓サッカー協会の関係者は「これまでの親善試合の際にも、代表チームのユニホームには両国国旗と試合情報などが刻まれてきた」と釈明したが、青瓦台(大統領府)の掲示板には「代表チームのユニホームに日の丸なんてあり得ますか」という見出しの請願が寄せられた。  「韓国の選手たちの胸に太極旗と日の丸が並んでいる画面を見て驚愕した。経済戦争、放射能問題の他にも、新型コロナによる世界的なパンデミックの状況で、国家代表チームが日本遠征へ行って試合をすること自体も信じられない状況だった」  「国家間の代表マッチを記念するという意味だと聞いたが、これは違うと思う。韓国代表チームのユニホームに日の丸がプリントされることが二度とあってはならない」  このように、国中から非難の声が絶えないことから、大韓サッカー協会の鄭夢奎(チョン・モンギュ)会長は、「国民の皆様に捧げる文」という謝罪文を出し、国民の前で頭を下げた。  「昨日行われた韓日戦の敗北に失望したサッカーファン、サッカー関係者、そして国民の皆様にサッカー協会の会長として大変申し訳なく思っております。協会はW杯予選を控えて、代表チームの戦力を固めることができる唯一の機会だと判断し、韓日戦という負担感にもかかわらず今回の試合を推進しました。厳しい状況の中、最善を尽くして無事に試合を行いましたが、足りない競技力により大変ご心配をおかけいたしまして、深くお詫び申し上げます」

■ 親善試合でこれほど批判噴出するのは前代未聞  しかし、ネット上では「サッカー協会の謝罪は的外れ」との意見が大勢を占めている。要するに、「そもそもコロナ禍の中で日本遠征を強行したこと自体が間違っている」という主張だ。実際、韓国では代表チームの日本遠征試合に対する強い懸念の声が上がっていた。日本側が、2020東京五輪を控えて日韓戦を防疫措置の実験舞台にしようとしているという指摘も出た。日本への遠征を取り消してほしいという国民の請願があったほどだ。  今回の試合以降、一部の韓国メディアの報道を見ていると、無理な遠征試合の強行に対する非難が再び頭をもたげてきたという印象だ。  <(韓国では)なぜ無理に韓日戦の日程を取ったのかに対する疑問が高まり、批判が強かった。韓国選手らが東京五輪を強行しようとする日本の「宣伝道具」になるとの懸念が出て、青瓦台の国民請願まで登場した。実際に東京五輪で採用されるスポーツイベントの「選手防疫手続き」が今回の試合で初披露された。コロナ・パンデミック(大流行)の中で、依然として感染者が増加傾向にある日本をあえて訪れて試合するのかという指摘も相次いだ>  <韓日ライバル戦の結果を超え、緊張感の高い両国の状況を考慮すれば、相次いで常識外れの決断を下したサッカー協会の行政力は、世論の叱咤を避けられそうにない>(以上、スポーツ京郷「韓国サッカー、いったい日本遠征で何を得ようとしたのか」)  <日本は韓日戦の勝利で多くのものを得た。韓国を相手に勝てるという確かな自信はもちろん、新しい選手たちを成功的にテストした。聖火リレー初日、コロナで萎んでいた五輪広報まで成功した。世界に安全な五輪になるという宣伝道具としてコロナ防疫で最も成功した韓国を利用することができた。それに対し、韓国は何を得たのか>(OSEN「“コロナ禍にも大規模行事可能”日本代表監督、韓日戦を宣伝道具に使ったことを認定」)  保守紙の『中央日報』ですら、日韓戦が東京オリンピックの聖火リレーが始まった25日に行われることを挙げ、<韓日サッカー代表チーム親善試合は、日本にとって“安全なオリンピック”をPRする機会であった。韓国サッカーは脇役に回った>と主張した。(「『横浜惨事』韓日戦・・・東京五輪の聖火リレー開始日、韓国は脇役に」)  サッカーにおける日本代表と韓国代表との対決は、ゲーム内容もあることながら、両国民の感情的なぶつかり合いがあることが珍しくなかった。しかし、親善を目的としている国際スポーツ交流をめぐって、韓国内でこれほど多くの非難が噴出された前例は、少なくとも私の記憶にはない。文在寅(ムン・ジェイン)政権発足後、日韓関係がどれだけ損なわれたかを如実に示してくれる事例だろう。

李 正宣


PDF