エジプトで博物館の老朽化に伴い、ミイラの「引っ越し」が行われました。その様子が生中継されるなど国家的なイベントとなりました。  「エジプト考古学博物館」から3日、移送されたのはラムセス2世など19世紀後半にルクソール周辺で発掘された古代エジプトのファラオたちのミイラです。  移送に使用された黄金色の車は温度・湿度が管理され、振動でミイラが損傷しないよう特注で作られました。  エジプト政府は今後、移送先の「エジプト文明博物館」を新しい観光の目玉にする考えです。

https://news.yahoo.co.jp/articles/dbea15f75421240b59cfd5a22886d5e44d80f519

テレビ朝日系(ANN)


PDF