防衛省は4日、中国海軍の空母「遼寧」やレンハイ級ミサイル駆逐艦など6隻が沖縄本島と宮古島の間を南下したのを確認したと発表した。

【写真】中国海軍のレンハイ級ミサイル駆逐艦

遼寧がこの海域を通過するのは昨年4月以来。領海や接続水域への侵入はなかった。  レンハイ級は中国海軍では最大規模の駆逐艦で、先月18日に日本近海で初めて活動が確認されていた。  同省統合幕僚監部によると、3日午前8時ごろ、長崎県の男女群島の南西約470キロで6隻を確認。その後、沖縄―宮古島間の海域を南下し、太平洋へ向けて航行した。 

https://news.yahoo.co.jp/articles/490dec06bb8cba595bb3aeecea83fd448612aa64

時事通信


PDF