運命は「三振法」のもとに アメリカで終身刑となって収監されていた男が、36年間のときを経て釈放されることになった。 1983年、アラバマ州出身のアルヴィン・ケナードは、窃盗による「仮釈放の可能性なしの終身刑」を言い渡され・・・