「もう私は2人の息子から卒業しています」  発売中の女性誌『婦人公論』でそう心中を語っている三田佳子。昨年、喜寿を迎え、2人の息子はすでに44歳と39歳。一般的に、息子の行動に対する責任が問われる年齢はとうにすぎているよ・・・