在韓被爆者が多く住むことから「韓国の広島」と呼ばれる韓国南東部・陜川で広島への原爆投下から72年となる6日、韓国初となる原爆資料館がオープンした。 開館式典では、自らも家族に被爆者を持つという河敞喚(ハ・チャンファン)・・・・