防衛省は15日、沖縄県・尖閣諸島の接続水域に進入した中国海軍の潜水艦が「商級」と呼ばれるランクの新型原子力潜水艦だったことを明らかにした。小野寺五典防衛相は「原潜は長時間の潜航や深い水深での航行が可能で発見しにくい。緊張・・・